ウォーターサーバーの電気代が安いランキング

当サイトは、ウォーターサーバーの電気代に照準をあて、電気代が安くお勧めのウォーターサーバーのご紹介とウォーターサーバー選びの参考になる情報をわかりやすくご説明いたします。

 

最近、ミネラルウォーターを飲む習慣がついてから、ご自宅に気軽に設置できるウォーターサーバーを置いている家庭も増えてきました。ほとんどのメーカーがサーバーはレンタル、お水は頼んだ分だけ費用が請求されるというシステムです。ミネラルウォーターは、お店に買いに行くとかなり重いので、同じような金額で自宅に届けてもらえるとなればとても有難いことです。ところが、ウォーターサーバーを設置すると電気代というランニングコストがかかってきます。いくら安くおいしい水が手軽に飲めても、毎月の電気代がかさんでは意味がありません。

 

それでは、ウォーターサーバーの電気代を比較し電気代の安い順にランキング形式でご紹介いたします。

 

 

1ヶ月の電気代

サーバー名

330円(最安)

フレシャス

350円

アクアクララ

400円

コスモウォーター

 

ウォーターサーバー 電気代安い順ランキング

フレシャス

フレシャスの一番の特徴は、おしゃれなデザインとボトル、そして軽量化(1本7リットル)されている事です。女性にとても人気があるウォーターサーバーです。
インテリアを気にすると、サーバーを置きたくないと思う方もたくさんいらっしゃると思います。フレシャスは、3つのタイプから選べ、しかもどれもデザインが凝ったおしゃれなものです。
サーバーには省エネモードが搭載されており、月々の電気代はフルエコ使用時330円とお得です。

おすすめモデル⇒dewoモデル 電気代月330円

 

 フレシャスの公式サイトへ

アクアクララ

アクアクララは業界でもトップクラスの省エネ&電気代の安いウォーターサーバーで知られています。搭載されているダブル省エネモードを使用すれば、月々の電気代はわずか350円程度で済みます。
他のメーカーと比べてもダントツに安い価格です。サーバーは抗菌素材で作られており、お子様からお年寄りまで安心して飲むことができます。
また、アクアクラは、無料でお試しができるキャンペーンを開催していますので、無料でお試しして思ったのと違がった場合でも、返却が可能です。(その場合は一切費用がかかりません)

 

 アクアクララの公式サイトへ

コスモウォーター

愛飲数が61万件を突破したコスモウォーターは、とても人気があるウォーターサーバーです。毎月の電気代は400円ほどですが、サーバーのレンタル料が無料で、宅配システムも他にはない特徴があります。
ミネラルウォーター自体も、4種類の中からお好きなものを選ぶことができます。既存のお客様へのサービスも充実しており、顧客満足度が高い事でも知られています。もちろん初めてのお客様にも安心スタートキャンペーンなどを実施していますので、是非公式ホームページをご覧になってみてください。

 

 コスモウォーターの公式サイトへ

クリクラ

2011年度の宅配水売上高NO.1を獲得したウォーターサーバーです。電気代は月々約1,000円かかりますが、サーバーのレンタル料や入会金、解約金、宅配料が全て無料です。それらを考えると、ランニングコストはかなり抑えることが可能です。
今なら無料お試しキャンペーンを実施していますので、まずは、無料のお試しで使用感を!

 

アルピナウォーター

アルピナウォーターは、月々の電気代は1,000円前後と一般的ですが、サーバーのレンタル費用やお水の代金を考えると、他社と比べてもかなり安く導入することができます。
初めてのお客様だけでなく、既存のお客様へのキャンペーンも充実しており、無理なく続けられるとしてとても人気があります。

 

 

各社共にそれぞれの特徴があるウォーターサーバーですが、価格だけでなくサービスも全く違います。

 

ご検討の際は各社の特徴を良く吟味してください。ご自身の生活環境やスタイルによっても求めることが変わってくると思いますので、是非参考にしてみてください。


ウォーターサーバーは電気代がかかります

ウォーターサーバーはサーバーを設置してお水を入れておけば良いという訳ではありません。電気の力を使ってお水を冷やしたり温めたりしていますので、サーバー自体は常に電源を取っておきます。

 

その為、どうしても電気代がかかってきますし、電気代はサーバーを設置している間必ずかかってくるランニングコストになる為、電気代が心配でサーバーの設置をためらっているという方もいらっしゃると思います。

 

ウォーターサーバーの維持にかかる電気代ですが、1ヶ月で300円〜1000円の電気代がかかるウォーターサーバーが多いようです。1,000円の電気代と言うと、冬の間毎日電気ポットを使用しているのと同じくらいの金額でしょうか。

 

それならば電気ポットでいいかな〜とも思いますが、ウォーターサーバーは冷たいお水も出ます。お湯も、冷水も出るため、そう考えると電気ポットとは全く違う働きがありとても便利です。電気ポットの電気代と、冷蔵庫でお水を冷やすための電気代を考えると、やはりウォーターサーバーはとても便利なものだと思います。それに、最近ではエコ機能が搭載さーれたサーバーも出てきており、電気代はかなり抑えられるようになっています。

 

ちなみに、エコ機能を使用していると、一般的にかかる電気代の半額以下に抑えられる場合もあるようです。
ここ数年、ウォーターサーバーを設置している家庭が増えてきました。もちろんサーバーを取り扱っている業者が増えているというのもありますが、サーバー自体の性能が発達したのと、エコ機能が搭載されて電気代などのランニングコストが抑えられるようになった事も利用者が増えた要因だと思われます。

 

ウォーターサーバーの電気代を抑えるには

ウォーターサーバーを設置すると、電源は常にコンセントにつないでおくことになります。そして、いつでも冷たいお水や温かいお湯を使う事ができるのです。そこで気になるのは、やはり電気代ですよね。電気代がいくらくらいかかるのか、気になるところです。

 

ウォーターサーバーは冷水とお湯が出ますが、いったいどちらの方が電気代がかかるかわかりますか?エアコンでも、冷房と暖房ではかかる電気代は違います。ウォーターサーバーも同様で、実はお湯の方が電気代がかかります。ただし、もちろん外気の温度によってもかかる電気代は変わります。例えば、室内がとても暑い時は常温のお水の温度も高くなります。その為、それをお湯にするための電力は冷水を温めるよりも低くて済みます。逆の場合も同じことが言えます。

 

最近のウォーターサーバーは、お湯の温度や冷水の温度を手動で変える事ができます。電気代を極力抑えるには、冷水の温度は高めに、お湯の温度は低めに設定しておくと良いでしょう。節電が叫ばれている昨今、夏場の冷房も極力温度設定を高くしておくことが推奨されています。使う電力を抑えられるだけでなく、お財布にも優しいですよね。考え方はこれと同じです。こうして設定温度を調整するだけで、電気代は15〜20%も抑えられるといいます。

 

もしかしたら、うちは常温のお水しか使わないからサーバーのコンセントを抜いておけば良いんだと思う方もいらっしゃると思いますが、実はウォーターサーバーは常に電力が供給されていることを前提に作っていますので、コンセントを抜いておくことでサーバーに負荷がかかり、壊れてしまったり、逆にメンテナンスしなければならずお金がかかってしまう場合があります。

 

もし、冷水やお湯が必要ないという事であれば、温度設定機能がついていないサーバーを扱っているところもありますので、そうしたサーバーを設置すると良いでしょう。


ウォーターサーバーの設置費用

ウォーターサーバーを設置するにあたって、何点か理解が必要なことがあります。中でも金銭面では、可能な限り詳細に知っておきたいのが本音ですよね。

ウォーターサーバーを設置するにはいくら必要?

ウォーターサーバーを設置するには、レンタルか購入かを選択する必要があり、それによっても金額が異なります。
多くはレンタル利用ですが、だいたい月に1,000円前後が相場のようです。

 

タダでレンタル可能な物も存在しますが、その代わりにメンテナンス費用が必要になったりと、レンタル料以外にお金が要ることもあるので、トータルで決めることが大事です。
ウォーターサーバーを購入する際、サーバーを販売している会社やその機種によって異なるのですが、だいたい3〜10万円前後が相場です。

 

しかし、購入するとメンテナンス料が自費になることもあるので、安価で購入出来てもその他に費用が必要になるかなどをきちんと確認しましょう。
ウォーターサーバーを使用する際は、定期的にメンテナンスを行い、常にクリーンな状態を保つ必要があります。

 

とにかく初期費用を安くと安易に決めてしまった人で、レンタル料や購入代金ばかりが気になり、いざ使ってみたらその他の費用のほうが高かったと言うことも実際にあります。
1年でたいだいどれくらいの費用が必要になるかなどを業者にきちんと確認し、把握してから行動しましょう。

 

確認事項

  • 1ヵ月のレンタル費用またはサーバー購入費
  • お水1本当たりの値段
  • メンテナンス費用
  • 解約する際の費用
  • 1ヵ月あたりの電気代

 

上記を合わせた額が、ウォーターサーバーを設置するにあたって必要となる費用です。

 

 

ウォーターサーバーをさらに詳しく

ウォーターサーバーは、オフィスや官公庁、病院や歯科医院などに設置されているのをよくみかけます。近年は、水への不安が拡がるような災害や事故なども多くあるため、一般家庭でも、ウォーターサーバーの普及が進んでいます。テレビCMなどでも見かけたことがある人も多いと思います。

 

ウォーターサーバーは、水が入っているボトルをサーバーと呼ばれる機器にセットすることで、24時間いつでも水が出せるようになっていることです。水だけでなく、お湯も出すことができ、水の種類も全国の銘水やミネラルウォーター、天然水、RO水などの中から選ぶことができます。使う人の家庭の家族構成や好みに合わせて水の種類を選ぶことができるのは、とても嬉しいことですよね。

 

ウォーターサーバーがあれば、24時間いつでも水もお湯も出すことができますので、急なお客さんの時にも、お客さんを待たせることなくお茶を入れることができます。赤ちゃんのミルク作りにも大活躍です。室内の有害物質がサーバー内に入り込まないような工夫もされているので、いつでも衛生的で安全なお水を飲むことができます。

 

ウォーターサーバーを、一般の家庭で導入していると聞くと、なんだかセレブなイメージですが、実はそうではありません。普通のペットボトルをドラッグストアなどで購入すると、2リットルで一本100円くらいはしますが、ウォーターサーバーの水であれば、2リットルで60円ほどです。また、重い思いをして運んでくることを思うと、ウォーターサーバーの水は業者さんが運んでくれますからとても楽チンです。
電気代も、ポットで毎回お湯を沸かして保温するよりもはるかに経済的です。


ウォーターサーバーで購入する水には種類がある!

どのウォーターサーバーも美味しい水ですか?と聞かれたら、はいとは一概には言えません。その理由は、一言に水と言っても、種類が存在するからです。特に、人それぞれの生活に対して最適の水や適していない水があるので、ウォーターサーバーの導入を考えているのならば、その種類を知っておくと良いでしょう。

ウォーターサーバーを導入するなら水の種類を気にしてみよう
ナチュラルウォーター

ナチュラルウォーターとは、ある所定の水源地から汲んだ水を加熱で殺菌、ろ過することによって飲めるようにする水です。
どこから汲んでくるかと言うと、井戸だったり湧水だったり、それぞれです。

 

ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターとは、ナチュラルウォーターでも、自然発生的にミネラル分が含有されている水を言います。

 

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターとは、ナチュラルミネラルウォーターと同じ個所から汲まれた水を加熱で殺菌、ろ過をし、飲めるようにした水の事です。

 

ボトルウォーター

ボトルウォーターとは、地下水以外の水源から汲んできた水の事を言います。
処理する方法は特定のものでなく、水道水、蒸留水、河川の表流水などをクリーンにした水です。

 

RO水

世間一般の逆浸透膜の事をいい、水中の不純物をほぼ100%の割合で除去した水を言います。
殺菌、農薬、水銀などを除去した水です。
種類によっては、ミネラル分を加えたものも存在します。

 

ピュアウォーター

ピュアウォーターは、名前からわかるように純水の事をいい、ほこり、殺菌、その他ミネラル分も、含まれていません。
体に優しい水なので、赤ちゃんや高齢者に最適な水です。