RO水ってどんな水?

RO水はウォーターサーバーを取り扱っている業者のほとんどが取り扱っている水で、まだ飲んだことがない人もどこかで聞いた事があると思います。

RO水とは、細菌はもちろん、ミネラル分やホコリなど水に入っている不純物を取り除いた水の事を言います。
不純物が一切含まれていない水は、純水ができ上がります。
ミネラル分も無くなっていると聞くと、素もメリットも無くなっていると思うかもしれませんが、赤ちゃんなどにミルクを作る場合は、RO水が適しています。
赤ちゃんは、抵抗力が弱いため、何も入っていない方が安心できます。
他にも、高齢者も抵抗力が弱くなっていますので、体調を崩さないように、RO水を飲んで安心できる水を使いましょう。

 

ただ、RO水は有害となる物質などをキレイに取り除けるメリットがあるのですが、本来は体の健康に役立つミネラル分も取り除かれてしまうなどのデメリットがあります。
それを解決するために、RO水にした後にミネラル分を入れて成分を調整している業者もありますので、購入する前は、純水なのか、ミネラル分などが含まれているのか確認してください。

 

ちなみに、逆浸透膜というフィルターを使う事から、逆浸透膜水と呼ばれる事もあります。
逆浸透膜水はウォーターサーバーを提供している会社からだけでなく、水を販売しているショップでも購入できます。
どんな水か試したい場合は、試飲してから検討する・・・というのもお勧めです。