天然水の種類が知りたい

天然水とひと言でいっても、その種類は色々とあります。

大きく分類すれば「天然水」というカテゴリに入りますが、その中身は全く違います。
成分が出てくるので、少し専門的なお話になると思いますが、ウォーターサーバーを契約する時に役立つ情報源ですので、しっかり把握しておきましょう。

 

●天然水の種類

 

・ナチュラルミネラルウォーター
ナチュラルミネラルウォーターは天然のミネラル分が含まれている地下水の事を言い、地下に来るまでに様々な地層を通してキレイに濾過されました。
濾過される途中に、ミネラル分も配合され、天然でできたミネラルウォーターです。
ミネラル分と言っても、ミネラルには様々な種類があり、マグネシウムやカリウムなど、採水地によっては様々なミネラル分が含まれています。
中には、天然亜鉛やバナジウムが含まれている場合もあります。

 

・ナチュラルウォーター
ナチュラルウォーターはナチュラルミネラルウォーターに、天然のミネラル分があまり含まれていない水の事を指します。
他にも、RO膜で水の不純物を取り除いた純水の事をナチュラルウォーターという場合もありますが、基本的にRO膜でろ過されたものは、ピュアウォーターと言われています。

 

・ミネラルウォーター
ミネラルウォーターは、天然水を沈殿、濾過、加熱以外の化学処理をした水の事で、紫外線殺菌やオゾン殺菌などの方法で殺菌処理をした水です。

 

・ボトルドウォーター
ボトルドウォーターは、一般的に言われている水道水や表流水などの事を言い、人が飲めるように処理された水です。
ウォーターサーバーの水ほどではありませんが、日本の水道水は世界でもトップクラスを誇る安全性の高いを誇っています。

ウォーターサーバー安いランキングへ