水道水の成分が安全とは言えない理由

ウォーターサーバーがこれほど普及したのは、美味しさだけが理由ではありません。

日常的に使用している水道水の安全性が不安視されているためです。

 

水は生活に、そして私たちの生命維持には決して欠かせないものですから、ここで今一度水道水の成分や安全性について考えてみましょう。

 

●水道水の成分

 

・トリハロメタン
昔は地下水の水が水道から出ていたのですが、現在はダムの水が水道から出てくるようになりました。
以前よりも安全性が増したように感じるかもしれないのですが、実際は環境が汚染されていることにより、飲み水としては危険だと言われています。
それを改善するために、塩素を投入するのですが、環境汚染が悪化していることから、塩素の量も増加し、それが水道水の中に残ることで、トリハロメタンが発生しているのです。
トリハロメタンには発がん性があると言われています。

 

・ダイオキシン
ダイオキシンは一時期有名になったため、ある程度知っている人もいるかもしれません。
ダイオキシンにも発がん性があると言われているのですが、水道水で飲める水の濾過では取り除く事はできません。

 

・鉛
以前の水道管は鉛でできていたのですが、それが人体に悪影響を与えるという事から、現在は使用が禁止されています。
ですが、現在もまだ水道管が鉛でできているものがあるため、知らない間に鉛を摂取している場合もあります。
鉛を吸収してしまうと、排出されにくく、痴呆や腎臓障害などを引き起こす原因になります。

 

●水道水できる限り安全に飲む方法

 

水道水を安全に飲むためには、浄水器を使用するか、20分以上の煮沸をしてください。
20分以上の煮沸により、トリハロメタンをある程度取り除けますし、浄水器はトリハロメタンとダイオキシンを取り除くことができます。