硬水と軟水ってどんな違いがあるの?

あなたは硬水と軟水それぞれの特徴や違いを知っていますか?

ウォーターサーバーを選ぶには色々な選択をしなくてはいけませんから、いちいち悩んでしまいますよね。
ウォーターサーバーは基本的に長く契約するものですから、面倒臭がらずひとつひとつ理解していきましょう。

 

●硬水と軟水ってどんな違いがあるの?

 

硬水と軟水ってよく聞くけど、その違いを具体的に説明できる人となると意外に少ないです。
硬水と軟水の定義の違いは、軟水が100mg/L以下で、硬水は300mg/L以上ですが、それを説明してもわかりにくいと思います。
もっとわかりやすく言うと、ミネラルが多く含まれているものが硬水で、ミネラル分が少ない方が軟水です。
一般的には軟水の方が体に良いと言われているのですが、そこで1つの疑問が生まれます。
それは、ミネラルは体に良い=ミネラル分が多い硬水の方が良いのではないか、という疑問です。

 

確かに、ミネラル分は体に良いのですが、あまりにも多く摂取してしまうと、慣れていない場合はお腹を壊してしまう場合があります。
ミネラルの摂り過ぎは様々な体調不良を引き起こしてしまう恐れがあります。
例えば、吐き気、倦怠感、下痢、心筋症、痛風などです。
適度に飲むのでしたら、健康を維持するために役に立りますので、要はバランスが大切だということですね。

 

日本人は特に、硬水を飲み慣れていませんので、まずはコップ1杯から取り入れてみることをお勧めします。