水って私たちの体にどれくらい影響するの?

普段何気なく飲んでいる水ですが、人間の体の70%近くを占める水の存在は、非常に大きいです。

喉の渇きをうるおすだけではなく、命そのものを維持していくために必要とされているのが水なのです。
当たり前のことほど、じっくり考えてみる機会がないと思うので、ここでは水体の関係性についてお話します。

 

●水は私たちの体内でどんな活動をしているの?

 

水は体内で、あらゆる働きをしてくれますので、数えあげるとキリがありませんが、大きな役割であれば以下のようになります。
・心臓の鼓動
・胃腸の活動
・体温調節
・デトックス

 

水は体内に留まっていることはありません。
私たちがこまめに摂取→体内を巡る→排泄される・・・という循環をずっと繰り返して、人間の体を正常に保とうとしているのです。

 

ですから、水分が不足してしまうと、体中の全て機能の活動が狂ってしまい、それは体調に影響を及ぼすこととなるのです。

 

●じゃあ、1日に必要な水はどれくらいなの?

 

成人が、1日に摂取すべき最低ラインの水分量は、体重1kgあたり50mlと計算されます。
ですが、子供ですと、体内の80%が水ですので、その分摂取量も多いと考えてください。
子供は1kgあたり50〜100mlを目安にしてください。

 

実際に計算してみると、60kgの人の場合、60kg×50ml=3000ml・・・つまり3リットルとなります。
こうして見ると、結構な量だなぁと思いますが、水の摂取は何も直接飲むだけではありませんよね。
3食分の食事を水分量に換算するとだいたい1リットル程度だと考えられますので、実際に飲む量は2リットルということになります。

ウォーターサーバー安いランキングへ