水の味が分かりますか?

ウォーターサーバーを選ぶ時、安全性だけではなく、水の美味しさも大切なポイントになりますよね。

水はどれも同じに見えるのに、何に違いがあって味に影響するのでしょうか。

 

 

 

 

●美味しい水には何が入っているの?
水の味は、コレといった要素があって「美味しい」と判断することは難しいです。
何故なら、水は飲む人の喉の渇きや体調、気温などあらゆる環境が重なって美味しさに繋がるからです。
食べ物もお腹が空いている時とそうでない時とでは、味の感じ方が違いますよね。
ですが、水は食べ物よりもそういった環境が大きく影響すると言えます。

 

・ミネラルがバランス良く配合されている
・水温が低め(10〜15℃がベスト)
・異臭がしない
この3つが満たされると、美味しく感じやすいようです。

 

あとは、「軟水」か「硬水」かでも味に違いがあります。
硬度が高いほど喉を通りにくく、しつこい味がしますし、逆に硬度が低くなりすぎるとコクがなくなってそれも美味しくは感じないでしょう。

 

若い人に多い傾向にありますが、水は味がないから飲めないという人がいます。
味がしっかりついた飲み物を好み、清涼飲料水で水分補給をしてばかりいると、糖分の摂りすぎで健康に悪影響です。
水には色々な味がありますから、色々と飲み比べてみて、あなたが好きな水の味を探してみてください。

 

水には必ず味があります。
現に、美味しい水でみそ汁でも作ってみると、いつもと同じ過程で作っているはずなのに、味が全然違うということに気づくでしょう。

ウォーターサーバー安いランキングへ