水を飲んで病気予防

体内の水分量は、年齢を重ねる毎に減っていきます。

水分不足になってしまうと、肌がカサカサ乾燥肌になってしまったり、体調不良、そして脳梗塞や心筋梗塞等の病気の危険すらあります。

 

 

 

●水は体内で何をしているの?

 

水を飲むと健康に良いらしいことは分かっても、具体的にどんな効果があるのかを問われると答えられない人もいるでしょう。

 

体内における水の役割は、血液として栄養素を体中に運ぶこと、そして老廃物を運ぶこと等です。
ですから、水分不足で血液がドロドロになってしまうと、脳梗塞や心筋梗塞の原因になってしまうのです。

 

●水で病気の予防ができる?

 

脳梗塞や心筋梗塞などの病気を予防するなら、睡眠前後のコップ1杯の水を心がけてください。
睡眠中は水分が失われ血液の濃度がとても高くなってしまいますから、血管が詰まりやすくなります。
この状態になることを防ぐには、睡眠前の1杯が重要。
そして、寝起きの1杯も睡眠中の血液濃度を下げてくれるため効果的なのです。

 

また、メタボ対策には、日中の水分補給に硬水を飲むことをオススメします。
特に、油っこい食べ物が大好きな人は、硬水に含まれているカルシウムが体内で良い働きをしてくれます。

 

そして、更年期障害で悩んでいる人にも、カルシウムは大切な栄養素となりますので、硬水や海洋深層水が適しています。

 

水をただ飲むだけではなく、飲むタイミングや水の種類にこだわると、より活力あふれる日々に繋がるのですね。

ウォーターサーバー安いランキングへ