長期間の旅行、ウォーターサーバーはどうしたらいい?

美味しいお水がいつでも飲めるウォーターサーバーを導入したいとお考えの方というのは実はたくさんおられるかと思うのですが、もしも実際にご自宅に設置されるのであれば必ず覚えておかないといけないことがあります。それは、「一旦自宅にウォーターサーバーを設置したら24ずっと電源は入れっぱなしにしておく必要がある」ということなのです。これについてはウォーターサーバーを設置する際に必ず業者から説明を受けることですし、定期的な点検をする時以外は基本的にずっと電源は給電し続けることになります。

 

というのも、ウォーターサーバーというのは冷たいお水や温かいお湯をつくり保存しているという機能だけではないのです。ウォーターサーバー本体が良い状態を維持するための機能を備えており、それを働かせる必要があるのです。ですので、本体の電源を落としてしまうようなことがあると、良い状態を維持することが出来なくなってしまいますし、ウォーターサーバー本体に異常をきたしてしまったり、もしかするとタンクの内部に雑菌が発生するような事態になることも考えられるのです。

 

上記のような理由がありますので、1〜2日という短期の旅行では当然ではありますが、だいたい1週間以内くらいのご旅行に行かれる場合であれば電源は切らずのそのままの状態にしておくようにしてください。ですが、1週間丸々放置した状態になりますと本体内部のお水が綺麗な状態でなくなっていることが予想されますので、だいたいコップ2杯分くらいの水は捨てるようにして下さい。

 

あと、もしも数ヶ月といったとても長い期間家を空けられるようなケースですと、一度電源を切ったほうが良いかと思います。ですが、実際にこのような非常に長期間となるのであれば、一度業者にどういった処置を行えばいいのかを聞いておく方が良いでしょう。

 

長期間使用しなかったウォーターサーバーをまた使い出すというタイミングでは一旦メンテナンスを受けないといけない、ということもあり得ますのでちゃんと忘れること無く業者に連絡を入れておいてください。

 

日常的にはウォーターサーバー本体の電源は入れない状態でタンクのみを設置、そのお水をそのまま常温で利用しているというような方もおられたりしますが、そういった使い方ではウォーターサーバーの本来の機能を全く活かせていません。

 

ウォーターサーバーという商品自体の機能として、冷たいお水と温かいお湯をすぐに利用することができるということにとてもメリットがあるのですから、せっかくウォーターサーバーを設置されるのでしたら、高い利便性を享受するべきだと思います。