災害時でも安心

今までは会社のオフィスや市役所・病院・郵便局といった公共の施設でしか見なかったウォーターサーバーですが、今の時代ではごく一般的なご家庭でも利用されるケースというのがとても多くなっています。というのも、そのきっかけとなったのは2011年3月に突如として発生した東日本大震災なのです。

 

それまでも、一般家庭での普及というのもしてはいましたがあまり多くはなく、やはり企業や工場といったところでの導入がほとんどということになっていました。

 

ですが、東日本大震災が発生してから原子力発電所がストップしたことで電力の供給がされなくなってしまい、それだけではなく水道水まででなくなってしまうという最悪に事態になってしまったのです。
この時、デパート・コンビニ・スーパーなどで売られていたミネラルウォーターというものは完全に品切れ状態になってしまっていたという光景を、ご覧になられた方も大勢おられることと思います。

 

もしも、ご自宅にウォーターサーバーを設置されていたのであれば、電力の供給が完全にストップしてしまったとしても、安全で安心して飲むことが出来るお水をそのままの状態で利用することは可能です。それに、もし水道だけが完全に停止してしまった、というような状況でしたら電気は使えまうので、冷たいお水・温かいお湯、どちらも使うことが出来てしまうのです。

 

ウォーターサーバーに設置する水がはいったタンクというのは7リットル・12リットルといった比較的大きなサイズのタンクでお水を保管することが可能ですので、ペットボトルに入ったミネラルウォーター等と比較してみた場合、あまり不要な保管スペースを取ること無く利用することが可能というのがメリットです。

 

ウォーターサーバー業者がお水をタンクに注ぎ入れる際には、綿密なまでの品質の確認としっかりと行き届いた殺菌の処理を行ってくれていますので本当に安心感を持つことができるのです。それにタンクに入れられたお水というのは完璧に密閉されておりますので、常温でも長い期間保存しておくことが可能となっているのです。

 

上述して参りました通り、ウォーターサーバーというのは万が一の震災時にも非常に役に立ってくれる存在ですし、日常的な生活の中でも特に安心感を持ってお水を利用することが出来るようになりますので、是非前向きにご検討頂ければと思っております。