ウォーターサーバーに使われる水の種類

今ウォーターサーバーを設置されるご家庭が増えつつありますが、現在一番人気があって注目度も高まっているのが「天然水」というものになっています。読んで字のごとく天然水というものは、ある特定された水源である地下水をそのままの状態で汲み上げられた水でありまして、その採取された水を飲料用として利用するために殺菌を行う為に、一旦沸騰させてからタンクに注ぎ込まれたものということになります。

 

その際に、消毒薬といったものは一切使用しないことになっていますので、心底安心して本当の意味で安全なお水を飲むことが可能ということになりますので、生まれたばかりの赤ちゃんがいるご家庭、またまだ幼いお子様がおられるご家庭でしたら天然水を選択されるのが賢い選択となるかと思われます。

 

こうして商品化される天然水ですが、これに少々味の調整をした水を商品として販売しているような業者も存在しておりまして、そういった際には「特選水」というような呼び名がつくこともしばしばあります。当然ながら味という面でも天然水が元々持っている旨味と安全性については保証されているものではありますが、より自然に近い状態のお水をお求めの方であれば不純物などが一切含まれていない天然水を選択されるのが一番良いかと思います。

 

あと、ここ最近ですとRO水というものも注目を浴び始めています。このRO水ですが、浸透膜フィルターというものを利用することで、不純物を99%以上取り除いてお水となっておりまして、地下水・水道水に関わらず採取されることとなります。非常に細かいフィルターで濾過される仕組みになっておりますので、元々含まれているミネラル成分というものもその際に取り除かれることになりますので、後からミネラル成分を追加するということもあります。

 

その際に、ミネラルを追加せずに出荷するようなお水も存在しておりまして、そういったお水については「ピュアウォーター」という呼び名がついておりまして、ミネラルは含まれていませんが、当然ながら不純物も取り除かれていますので非常に安心感を感じることができる正真正銘に安全なお水として飲むことが可能ということになっているのです。

 

それだけではなく、その他に海洋深層水というものも存在しておりまして、水自体に含まれるミネラルというものはとても豊富ですが、採水をする際にあまりに大変な思いをすることになりますので、付けられている値段というのはちょっと割高になってしまいます。海の底200メートル以上の非常に深い場所から採水が行われていますので、化学物質などは一切含まれておらず、それだけではなく細菌の量も限りなくゼロに近い、というメリットも兼ね備えています。