サーバーの種類

今現在、世の中に出回っているウォーターサーバーというのは様々な形が存在しておりますが、ウォーターサーバーと聞いた場合ほとんどの方が細長いタイプのちょっと高さのある、床の上の直接設置するようなものを思い浮かべられるのではないでしょうか。
様々な公共施設のような場所において、こういったロングタイプと呼ばれているウォーターサーバーが置かれており
一言で言いますと、昔から愛用されているウォーターサーバーと呼べるかと思います。

 

このロングタイプというウォーターサーバーというのは、現在でも一番人気がある商品でして最も一般的なタイプの
ウォーターサーバーとしてまだまだ根強い人気を誇っているのです。

 

このロングタイプのウォーターサーバーですが、実は以前よりも更にスリムな形状になってきておりまして、床に置いたとしてもほとんど設置面積を取らないように改良がなされており、あまり存在感も感じなくなってきています。実際に設置をすると分かるのですが、それでもやはり部屋の中にあると目立ってはくるのですが、今のウォーターサーバーというのはデザイン的にかなりお洒落になってきていますので、お部屋の印象はそのまま保ったうえで、ある意味インテリア的な存在として置くことも可能になってきているのです。

 

このロングタイプと呼ばれているウォーターサーバーに対して、テーブルの上などに設置することが可能な卓上型のタイプですが、こちらはショートタイプという名前で愛されています。ショートタイプの本体の高さですが、およそロングタイプの1/2程度とお考え頂ければ結構かと思います。
卓上ですからテーブル・ラックといった場所の上に直接設置することが可能ということになっておりますので、ワンルームマンションなどにお住まいの方で床に直接置けるようなスペースの余裕というのが無い、という場合ですとこちらのタイプがお勧めです。

 

それから、テーブルの上に直接設置をしておくと、ご飯と食べながらでもちょこっと手を伸ばせば冷たくておいしいお水を飲むことが出来るようになりますので、ロングタイプを置くスペースはあるけどあえてこちらのショートタイプを選択されるという方もおられますので、ウォーターサーバーを導入しようかとご検討されているのであれば、こちらも検討に加えてみてはいかがでしょうか。

 

ウォーターサーバーとしては上記のように大きく分けて2パターンありますので、ご自宅の設置環境を考慮した上で、選ばれるのが賢明であると言えるかと思います。