ウォーターサーバーは電気代がかかる?

「毎日、口にする水だからなるべく健康面にもよくていつでも冷たい水が飲めるからウォーターサーバーを自分の家にも置きたいけど、24時間365日ずっと電気を入れっぱなしにしないといけないから電気代がかかりかかるんじゃないか」という思いから、実際に導入することをひかえられている方もたくさんおられるかと思います。

 

実際に、いつでも好きな時に冷たくて美味しい水と、色々と便利に使えるお湯を使うことができるのですから、もちろん誰でも電気代がかなりかかってしまうと考えてしまうものです。

 

それにウォーターサーバー本体そのものも大きいですし、本体を自宅に設置した後は24時間ずっと給電をしておく必要があるわけですし、もちろんその分の電気代はかかってきます。

 

日々生活を送っていく中では、色々と電化製品がありますので月々の支払いというのは必須です。それに加えてウォーターサーバーでも電気代が高くかかってしまうといかに便利でも満足度としては高くはないかと思います。

 

その、実際に必要となる電気代というのは細かい数字というのはそれぞれのウォーターサーバー業者により機種が異なりますので左右はされてしまいます。

 

そういった前提としてあくまで平均的な金額を出したとすると、今よく出回っているウォーターサーバーを24時間給電しっぱなしにしたとして、1ヶ月でだいたい1000円程度であるとされています。

 

実はこの1000円という金額は、ほぼどのご家庭にでも置かれている電気ポットを1台使用した場合とほとんど違いはありません。であれば、電気ポットをそのまま使えばいいんじゃないか、とお考えになられる方もおられるかもですが、ウォーターサーバーの機能として、温水を好きな時に使えるというだけではなく、冷たくておいしい水も同時に楽しむことができる訳なのです。

 

ウォーターサーバーを設置することで電気ポット代金が追加でかかってくるようなイメージがあるかもしれませんが、実際には電気ポットは必要なくなり、更に美味しくて冷たいお水をいつでも楽しめるということになりますので、逆に節約に貢献してくれる機器となってくれるのです。
冷蔵庫に入れたお水を飲もうとすると、冷蔵庫を開ける必要が出てきますがこの開閉時に電気代が多くかかると言われています。そういった消費電力も抑えることができますので、実は節約になるということもご理解頂きたいと思います。

 

上述しているような理由がございますので、ウォーターサーバーを設置すると電気代が上がってしまう、というような考え方というのは根本から間違っていて、逆に節約に繋がることになりますから、是非導入をご検討されることをお勧め致します。