省エネボタンが搭載

今の時代というのは日本国内だけではなく世界的に見ても省エネというものについて言及されてきていますが、現実的に胸を張ってこういう省エネをしています、と言い切れる方というのはなかなかおられないのが現状ではないかなと思います。

 

もしされているとすると、少しでも電気代を抑えるために待機電力は避ける方法としてコンセントを元から抜いたりというような行動を取られているのではないでしょうか。

 

恐らくもうご存知であるかと思いますが、この省エネというものをしっかりとしていかないと、地球温暖化というものにつながってきてしまうことになるのです。北極や南極の氷の溶け方が異常なくらいに進んでいるという映像をご覧になられた方も多いのではないでしょうか。

 

そういった背景がありますので、基本的に24時間365日ずっと電源を入れっぱなしにして使用するウォーターサーバーを家庭にも導入するという行為は、地球温暖化を推し進めてしまうことになってしまうのではないか、と不安に思われている方も中にはおられるかもしれません。

 

とは言いながらも、実はウォーターサーバーにかかってくる電気代というのは1ヶ月丸々電源をONのままで使用したとしてもおよそ1000円程ということになります。24時間ずっと給電をし続けているのに、実際にはこれくらいしか電気代はかかってこないのです。そもそもの設計段階で省エネをウリにしたような機能を搭載しているウォーターサーバーもあるくらいですので、あまり電気代というものに神経質になる必要はないと言えるかと思います。

 

その、省エネ機能についてですが、これがいわゆる「省エネボタン」というものが備え付けられたウォーターサーバーということになります。このボタンを押すことで省エネモードが発動します。実際にこのボタンをONにしますと、冷却用の機能が停止することになり結果的に冷水が常温になります。

 

温水についてはそのままの状態で注がれることになりますので、コーヒーやスープ、またインスタント食品や赤ちゃん用に作るミルクには困ることはありません。

 

というような省エネボタンですが、実際にONにしておくことで毎月かかってくる電気代というのが300〜400円ほど節約することが可能なのです。1ヶ月で見ると大したことはありませんが、1年として考えると数千円という単位になってきますのでなかなか大きな節約と言えるかと思います。

 

勿論、今出回っているウォーターサーバーの全ての機種にこの省エネボタンが搭載されているということではありませんので、それについてはご理解を頂きたいと思っております。

省エネボタンが搭載関連ページ

健康志向の高まり
赤ちゃんには軟水を選ぶ
ウォーターサーバーのクチコミを知る
赤ちゃんのミルクに
会社にウォーターサーバーを導入
もっと料理を美味しくする
水道水離れからウォーターサーバーへ
空きボトルを回収
一人暮らしだって問題なし
ご家庭で捨てられるボトル
飲めばわかる!水の味
ウォーターサーバーの普及が進む
コンビニよりも安い
災害時でも安心
一人暮らしのためのウォーターサーバー
ウォーターサーバーに使われる水の種類
ウォーターサーバーは24時間稼働するもの?
まずは無料お試しで
海外でウォーターサーバーは一般的
悪質業者には要注意
放射性物質は一切含まれていない
解約金について
長期間の旅行、ウォーターサーバーはどうしたらいい?
サーバーの種類
一般的に提供される天然水
ボトル交換は女性でも可能
ピュアウォーターって何?
ウォーターサーバーの相場はどれくらい?
ウォーターサーバーのデザイン
ウォーターサーバーは水漏れは大丈夫?
使い勝手の良いウォーターサーバー
ウォーターサーバーは電気代がかかる?
そもそも美味しいの?
無料宅配のウォーターサーバー
お得で便利な水のある生活
水タンクの容量
基本的な知識
全体的な安さだけで安易に決めない
購入ノルマの無い業者を選ぶ
安全性を第一に考えてウォーターサーバー
部屋の雰囲気を壊すこと無く設置
ミネラルが豊富に含まれている天然水
使い勝手を考慮
配送エリアについての確認
ウォーターサーバーの水、どんなものがあるの?