省エネボタンがついてるウォーターサーバーって?

「省エネルギー」と聞いて今自分自身で何をやっているだろうか、と思いを巡らせて見て下さい。例えば、電気代を少しでも浮かそうということで使わない電気機器についてはなるべくコンセントを抜いたりして電気を消すことで待機電力を抑える、また逆に太陽光発電機器を屋根の上に設置してエネルギーを生み出そうとされている方も中にはおられるかもしれません。

 

今の時代というのは、何に関しても省エネルギー化が謳われていますし、これは日本国内だけではなく世界的にも広がっている活動で、ひいては地球温暖化に対する効果という意味でも大きな注目を浴びています。そういった背景がある中で、日常的に電気が必要となるウォーターサーバーを自宅に設置する、ということ自体がいかがなものだろうか?と思われてしまう方も当然おられることでしょう。

 

とは言いながらも、日常的に電気が必要となるウォーターサーバーではありますが、だいたいかかってくる金額というのは1ヶ月間で1000円前後です。これは24時間ずっと使用しているケースでの金額となっておりますので、非常に安価であると言えるかと思います。

 

当然ですが、電気を使っているという事実は間違いありません。基本的な設計部分で省エネを採用しているウォーターサーバーではあるのですが、それだけではなく更に電気代を節約可能な最新式の機能が備わっているタイプも登場してきているのです。

 

そのタイプというのは「省エネボタン」というものが備えられており、ワンタッチで省エネ活動に参加することが出来るという事になるわけなのです。
このボタンの機能というのは、冷水と常温を簡単に切り替える事が可能でして、省エネ機能をONとすると、冷却機能が停止しますのでコップに注がれるミネラルウオーターというのは常温ということになります。

 

ですが、お湯はそのまま熱い状態のものが出てきますので、ラーメンやコーヒーなどといったインスタントフード、また赤ちゃん用の粉ミルクを作る場合でも全く問題はありません。

 

この省エネボタンを使用することで、だいたい1ヶ月の電気代を300円〜400円ほど節約することが可能になります。1ヶ月として見ると少ない感じは否めませんが、これが1年として計算をすると数千円もの節約ということになってきます。上手く節約出来たお金を使ってレンタル料に回すことも出来ますし、賢くウォーターサーバーを利用することが可能ということになるのです。

 

今、世に出回っているウォーターサーバーの全ての機種にこの省エネボタンが備わっているというところまではまだきていませんが、基本的な設計が省エネに基づいたものになっていますので、水道光熱費をトータル的に算出すると今までとあまり変化なくウォーターサーバーを利用することに繋がります。

 

それに、賢く使うことでお店でペットボトル入りの水を買うよりも格段に安くなるということにもなりますので、ウォーターサーバーの導入というのは検討する価値があると言う事が出来ると思います。

省エネボタンがついてるウォーターサーバーって?関連ページ

健康志向の高まり
赤ちゃんには軟水を選ぶ
ウォーターサーバーのクチコミを知る
赤ちゃんのミルクに
会社にウォーターサーバーを導入
もっと料理を美味しくする
水道水離れからウォーターサーバーへ
空きボトルを回収
一人暮らしだって問題なし
ご家庭で捨てられるボトル
飲めばわかる!水の味
ウォーターサーバーの普及が進む
コンビニよりも安い
災害時でも安心
一人暮らしのためのウォーターサーバー
ウォーターサーバーに使われる水の種類
ウォーターサーバーは24時間稼働するもの?
まずは無料お試しで
海外でウォーターサーバーは一般的
悪質業者には要注意
放射性物質は一切含まれていない
解約金について
長期間の旅行、ウォーターサーバーはどうしたらいい?
サーバーの種類
一般的に提供される天然水
ボトル交換は女性でも可能
ピュアウォーターって何?
ウォーターサーバーの相場はどれくらい?
ウォーターサーバーのデザイン
ウォーターサーバーは水漏れは大丈夫?
使い勝手の良いウォーターサーバー
ウォーターサーバーは電気代がかかる?
そもそも美味しいの?
無料宅配のウォーターサーバー
お得で便利な水のある生活
水タンクの容量
基本的な知識
全体的な安さだけで安易に決めない
省エネボタンが搭載
購入ノルマの無い業者を選ぶ
安全性を第一に考えてウォーターサーバー
部屋の雰囲気を壊すこと無く設置
ミネラルが豊富に含まれている天然水
浄水器とはタイプが全く異なる
長期間自宅を離れる時
事前にシミュレーション
使い勝手を考慮
悪いウォーターサーバー会社とは
どうして人気があるのか
飲む以外にもいろいろ使える
配送エリアについての確認
飲みたい時に冷水も温水も
ウォーターサーバーを徹底比較
ウォーターサーバーの水、どんなものがあるの?
より理想的な水を得る