ウォーターサーバーを導入するための費用って?

ウォーターサーバを検討する際に誰でも気になるのが価格ですね。

 

サーバーレンタル料無料としているところが多いので、お水のお値段ばかりに目がいきがちですが、ウォーターサーバーの価格の仕組みを理解して、お水の価格だけでなくサーバーのレンタル料やメンテナンス料なども含めたコストで比較することがポイントです。

 

また、北海道は別途送料がかかる場合もありますので、送料や配達地域については「配達地域で比較」のページも確認してみてください。

 

短期間で解約してしまって違約金が発生しないように、解約条件もしっかりと確認しておきましょう。

 

価格の違いはお水の種類とボトルの違い

 

ウォーターサーバーのサービス料金は、お水の価格とウォーターサーバー本体のレンタル料金、サーバーのメンテナンス料が基本となります。

 

ただし、最近はサーバー本体のレンタル料とメンテナンス料は無料とするところが多く、価格の違いは水の種類とボトルタイプの違いによると考えていいでしょう。

 

天然水よりはROろ過のお水がお値段はお安くなりますし、ボトルも1回使い切りのワンウェイタイプよりは配達員が回収して再利用するリターナブルタイプが安くなります。

ウォーターサーバーを導入するための費用って?関連ページ

健康志向の高まり
赤ちゃんには軟水を選ぶ
ウォーターサーバーのクチコミを知る
赤ちゃんのミルクに
会社にウォーターサーバーを導入
もっと料理を美味しくする
水道水離れからウォーターサーバーへ
空きボトルを回収
一人暮らしだって問題なし
ご家庭で捨てられるボトル
飲めばわかる!水の味
ウォーターサーバーの普及が進む
コンビニよりも安い
災害時でも安心
一人暮らしのためのウォーターサーバー
ウォーターサーバーに使われる水の種類
ウォーターサーバーは24時間稼働するもの?
まずは無料お試しで
海外でウォーターサーバーは一般的
悪質業者には要注意
放射性物質は一切含まれていない
解約金について
長期間の旅行、ウォーターサーバーはどうしたらいい?
サーバーの種類
一般的に提供される天然水
ボトル交換は女性でも可能
ピュアウォーターって何?
ウォーターサーバーの相場はどれくらい?
ウォーターサーバーのデザイン
ウォーターサーバーは水漏れは大丈夫?
使い勝手の良いウォーターサーバー
ウォーターサーバーは電気代がかかる?
そもそも美味しいの?
無料宅配のウォーターサーバー
お得で便利な水のある生活
水タンクの容量
基本的な知識
全体的な安さだけで安易に決めない
セットが簡単なウォーターサーバー
省エネボタンが搭載
購入ノルマの無い業者を選ぶ
安全性を第一に考えてウォーターサーバー
部屋の雰囲気を壊すこと無く設置
ミネラルが豊富に含まれている天然水
浄水器とはタイプが全く異なる
長期間自宅を離れる時
事前にシミュレーション
使い勝手を考慮
悪いウォーターサーバー会社とは
どうして人気があるのか
飲む以外にもいろいろ使える
配送エリアについての確認
飲みたい時に冷水も温水も
ウォーターサーバーを徹底比較
ウォーターサーバーの水、どんなものがあるの?
水に対する意識が変わってきた
より理想的な水を得る
省エネボタンがついてるウォーターサーバーって?