選び方

ウォーターサーバーを選ぶときのポイントをお話しておきます。数ある業者の中からご自身の生活に見合ったものを見つけるのは意外と大変です。

 

どの業者も、可もあり不可もありといったところでしょう。業者を探す際は、以下のことに注意して探してみてください。

 

 

 

  1. 水やサーバーの安全性
  2. ボトル設置の仕方
  3. サーバーのデザイン
  4. 電気代やサーバーのレンタル費用などランニングコスト

 

基本的なことはこの4点です。この中から、ご自身が譲れない点を2つ選んでおくと業者を決めやすいかもしれません。

 

 

まずはお水やサーバーの安全性ですが、これは各社いろいろな工夫をされています。まずお水のボトルは回収して熱処理後、再利用する業者と、廃棄する業者に分かれます。もちろん廃棄してしまえば常に新しいボトルでお水が届くため安全です。ただ、再利用している業者も雑菌の混入やウイルスの除去には徹底しているところがほとんどです。エコにもつながりますので、一概に再利用と言っても悪いわけではありません。

 

お水をボトルに詰める際も、衛生面を考慮した改造やお水の詰め方があります。詰めるまでは徹底的に殺菌し、菌やウイルスの混入を防いでいますが、一度開封してしまうと雑菌が混入してしまう場合もあるという業者も少なくありません。こうした衛生管理についてきちんと調べておく必要があります。

 

そして、サーバーは常に部屋に設置しておくものなので、その使いやすさやデザインも大変重要です。お水のボトルが大きすぎて、とても一人で設置できないとなってしまったら意味がありません。
お水の配送は量や頻度が業者ごとに違います。何人暮らしで、どのくらいのお水が必要になるかを見極める必要もあります。

 

お水の種類は選べる業者がほとんどですが、例えば小さなお子様がいたり赤ちゃんがいる場合は、なるべく何も含んでいないお水を選ぶと良いでしょう。豊富なミネラルは大人には良いですが、赤ちゃんやお年寄りはお腹を壊してしまう可能性もあります。

 

他には、月に必ず2本以上の注文が必要な業者や、配送料が別途必要になる業者などもあります。一度契約してしまうと解約の際に違約金がかかるなどの業者もありますので、その辺りもチェックしておくようにしましょう。

 

>>売れ筋のウォーターサーバーランキングへ<<