放射能の影響?

2011年、福島原発は日本中に、そして世界に大きな衝撃を与える事故となりました。

1年以上経った今も、その爪痕は大きく残っており、たくさんの人は辛い思いをしています。
この事故で、広がった放射能は水の汚染にも繋がりました。
だからこそ、家庭にウォーターサーバーを導入する家庭が急増したのですが、そもそもウォーターサーバーの水には、放射能の心配はないのでしょうか。

 

●ウォーターサーバーにはどんな水が使われているの?

 

ウォーターサーバーに使用されている水は、主にナチュラルウォーターとミネラルウォーターの2つの種類があります。
ナチュラルウォーターは地下から汲まれた水で、地中に浸透していく間に、様々なものがフィルターとなり、水をキレイに濾過しています。
その時、ミネラル分も水の中に溶けることで、ミネラルの含んだ水になります。

 

ミネラルウォーターは細菌やホコリなどが通らないフィルターを通して、水を濾過したり、オゾンや紫外線などで殺菌しています。
人工的にミネラル分を含んでいるため、健康にも良いとされています。

 

●2種類ある放射能の影響

 

放射能というと、大きく分けると2つあります。
一般的なイメージはどちらの放射能も混合して考えられていることが多いので、正しく理解しておきましょう。

 

1つは原子炉の中に放射能を持っている物質を利用しているのですが、これが原子炉から出てしまうと、周りに放射線を浴びせてしまう事です。
ただ、この放射能は生きている人体や生き物に対して影響があるのですが、生きていない物に対してはほとんど影響がありません。
もちろん、水もこの放射能を浴びたとしても問題ないと判断されています。

 

2つ目は、水の中で放射性物質が付いてしまう事です。
これは、水の中での放射性物質が放射線を出すようになり、それを摂取することで、体の中から被爆するようになります。
すぐに人体に影響するわけではないのですが、それを飲み続けるのは危険です。

 

と言っても、ウォーターサーバーで販売している水は放射性物質が検出されなかったものだけを使っていますし、水以外の物質を取り除くROのフィルターを使っているため、放射能の心配はありません。
安全性が高いから、ウォーターサーバーの需要が一気に跳ね上がっているのです。

 

 

>>売れ筋のウォーターサーバーランキングへ<<