ウォーターサーバーと浄水器を比較!

●ウォーターサーバーと浄水器、具体的にどこが違うの?

 

ウォーターサーバーと浄水器は、互いに美味しい水を飲めるという点で、同じなのですが、使い勝手や水の種類が異なります。
具体的な違いとしては、ウォーターサーバーでは天然水が飲めるという点です。
天然水にはミネラル分が多く含まれており、血糖値を下げる効果が期待できます。
浄水器は水道に取り付けて使用することが多いため、水をあらかじめ冷やしていない場合は、すぐに冷たい水を飲む事もできませんし、お湯が必要な場合にも、ガスやポットを使わなければなりません。
一方、ウォーターサーバーはボトルを設置したら冷たい水も、お湯もいつでも使う事ができますので、便利です。

 

●どちらが安全?

 

浄水器は基本的に、塩素を除去する役割があるだけなので、その他の不純物を取り除く事は難しいです。
一方、ウォーターサーバーで使用されている水は、0.0001ミクロンの不純物も取り除くことができるため、誰で安心して飲めるようになっています。
もちろん細菌も除去してくれますから、水としての安全性で言えば、ウォーターサーバーが圧倒的に勝っていると言えるでしょう。

 

●だけどウォーターサーバーは高いんじゃ・・・

 

ウォーターサーバーは機器を設置するわけですから、メンテナンスも必要ですし、電気代もかかります。
加えて、契約内容によっては、レンタル料金が発生したり、毎月決められた本数以上水を購入する必要も出てきます。
ですが、利便性や安全性、そして水を使用する頻度などを考慮すると、必ずしもウォーターサーバーが高くつくということではありません。
例えば、今まで料理を作るときは水道水だったけど、ウォーターサーバーの水にしてからすごく美味しくなったという感想を寄せる人がたくさんいます。
この場合、水道水よりも費用は高くなってしまいましたが、代わりに普段の料理がより美味しくなるというメリットが大きいです。
ですから、あなたが何を求めているかで、ウォーターサーバーが高いのか安いのかは決まってくるのだと思います。

 

 

>>売れ筋のウォーターサーバーランキングへ<<