ウォーターサーバーのボトルを比較!

ウォーターサーバーには、ガロンタイプとボトルタイプの2種類あります。

それぞれの特徴も参考にして、ウォーターサーバー選びに役立ててください。

 

 

 

 

 

●ガロンボトルの特徴

 

ガロンタイプは丸い寸胴の形をしていて、変形しにくく、衝撃に強いという特徴があります。
このボトルは大きい形をしているのですが、ゴミに出す必要はなく、水を交換する時に業者が回収してくれるため、ゴミがかさばってしまう事もありません。
ただ、デメリットとしては、空いたボトルを次の回収日まで保管しなければなりませんし、殺菌や消毒をする時には、有害物質が溶けているのではという指摘もされています。
とは言え、有害物質についての検査はしっかり行っている業者がほとんどですから、料理や赤ちゃんミルク作りにも人気があります。
再利用できるのはエコの観点から見ても、重要ですよね。

 

●ワンウェイボトルの特徴

 

ワンウェイボトルは四角い形をしていて、柔らかめの素材で作られているボトルです。
空いたボトルを業者に返さなくても良いため、水を飲みきったら資源ごみに出せますので、自宅に保管する必要もありません。
使いきりタイプなので、衛生面は抜群に良いです。
また、ワンウェイボトルに入っている水は、ほとんど国産になっており、キレイな状態で新しい水を飲む事ができます。
多くの場合、ぺしゃんこに潰せるタイプのボトルですから、かさばってしまうことがありません。

 

徹底的に衛生面に配慮するならワンウェイボトルを、ゴミが出ずエコを重視するならガロンボトルといったところでしょうか。
もちろん、ガロンボトルも最大限衛生面には考慮していますので、心配するほどではありません。

 

 

>>売れ筋のウォーターサーバーランキングへ<<