電気代を安く抑えるには

最近、ご家庭でもウォーターサーバーを設置する人がとても増えてきました。

サーバーはレンタル料がかかる事がほとんどですが、無料で貸出を行っている業者もあります。
無料でサーバーが手に入ればランニングコストを抑えられますが、ウォーターサーバーは電気で動いている為、他に電気代がかかってきます。
一度設置するとコンセントを抜くことはほとんどなく、常に稼働状態にあるため、できるだけ電気代を抑えたいというのはみなさんが思うところだと思います。

 

とは言え、使う時だけコンセントを指して普段は抜いておくといった使い方は、サーバー自体に負荷がかかって壊れてしまったり、メンテナンスが必要になってしまう事があります。
また、冷えていた水や温まっていたお湯が常温に戻してまた冷やしたり温めたりすることは衛生上も良くありません。
その為、サーバーを設置したらコンセントは常にさしたままにしておくことになります。

 

では、ウォーターサーバーの電気代は利用者側で工夫して安くすることはできないのでしょうか。
実はそうでもありません。

 

ウォーターサーバーは、お湯の時は何℃、冷水の時は何℃という設定を手動で行います。
その為、それぞれの設定温度を低く、高くすることで電気代を節約する事ができるのです。

 

最近は節電の動きが高まり、夏の冷房の設定温度は高めに、冬の暖房の設定温度は低めに設定している家庭が多いと思います。
ウォーターサーバーも考え方はこれと同じです。

 

熱いものを冷やすためには電気代がかかります。
この温度幅が大きければ大きいほど、電気代は高くなりますよね。

 

それであればミネラルウォーターを買ってくる方がいいかもと思う方もいらっしゃると思いますが、やはり電気ポットでお湯を沸かし、冷蔵庫でミネラルウォーターを冷やすという事を考えるとウォーターサーバーはとても合理的で電気代もかかりません。

 

最近ではエコ機能を搭載していて電気代を抑えることができるサーバーも増えています。
電気代のようなランニングコストが気になる方は、エコ機能がついているサーバーを選んであげると良いでしょう。

 

 

>>売れ筋のウォーターサーバーランキングへ<<