メリットデメリット

最近では設置しているご家庭も増えているウォーターサーバーですが、ここでは設置するメリットとデメリットについてお話しておきます。

設置を検討している方は是非ご一読ください。

 

ウォーターサーバーを設置するメリットですが、1つ大きく上げられるのが、ミネラルウォーターを購入するとお店から自宅までご自身で運ばなければなりませんが、ウォーターサーバーの場合お水は宅配で届けられる為その手間が省けます。
お子様がいるご家庭や女性の場合、お水を運ぶのは意外と力が必要で大変です。

 

最近ではウォーターサーバーのお水もいろいろな種類があり、どれを注文するかもご自身で選ぶことができます。

 

そしてもう1つのメリットは、ウォーターサーバーはお湯が出るタイプがあります。
蛇口が3つついていて、1つは冷水、1つは常温、そして1つはお湯が出ます。
普通、温かい飲みものを飲む場合、ヤカンなどでお湯を沸かさなければなりません。
ウォーターサーバーからはいつでもお湯がでますので、手間が省けてとても便利です。
飲み物だけでなくお料理にも便利ですね。

 

みなさん経験があると思いますが、安売りなどでミネラルウォーターを大量に購入すると、意外と置き場所を取りますよね。
冷蔵庫に保管しておく場合は、他の食材が入れられなくなってしまうのでちょっと邪魔です。

 

次にウォーターサーバーのデメリットについてお話します。
一見とても便利に思えるウォーターサーバーですが、不便な部分もあります。
それは、サーバーの設置場所についてです。
最近ではスリムなサーバーも増えていますが、それでもサーバーを設置するとなると場所を取ります。
そしてリビングやキッチンにこだわりがあって、美観のためにサーバーを設置するのをためらっているという方もいらっしゃいます。
また、ボトルのサイズは12リットル入りが一般的です。
それを約1メートルの高さにあるサーバーに設置するため、多少力が必要です。

 

さらに、お水を冷やしておくために、またいつでもお湯を使えるように、電気を使います。
消費電力には各業者によって差がありますが、一般的には月1,000円程度の電気代がかかるとされています。

 

こうしたメリットデメリットを踏まえて、ウォーターサーバーの設置を検討してみてください。

 

 

>>売れ筋のウォーターサーバーランキングへ<<