停電時でも常温で使える

ウォーターサーバーの仕組みは、電気の供給によって稼働していますので、電源を入れなければ冷水を作ることも温水を作ることも出来ません。また、サーバーの電源を落とした状態で水タンクを取り付けたまま長期間使用しないでいると水タンクの中に細菌が入り込んでしまい水が腐食してしまうといったことになってしまいます。

 

こうしたことから、ウォーターサーバーを設置した際には、メンテナンスを行う時を除いて、常時24時間電源を入れっぱなしにしておかなくてはいけません。一般的に平均した電気代は1カ月1000円程ですので、いつでも冷水や温水を使用できることを考えますとそんなに負担になるといった金額ではないでしょうか。

 

冷蔵庫で冷水を作るのにかかる時間や、温水を作るのに電気ポットを使用する際の電気代や、ガスを使って沸かすガス代を考えますと、ウォーターサーバーであれば手間も時間もかかりませんので、そういった面でも大変便利でお得であるということになり言えます。

 

しかし、もしも震災などで停電などが起こった場合など電気の供給がストップした時は、もちろんウォーターサーバーは稼働しませんので、冷水や温水を作ることは不可能になります。しかし、電源が入らなくなった直後であれば常温のまま飲料水として使えますし、飲料水としての他にも非常事態の場合に水を利用することも出来ます。

 

また災害に備えてペットボトルを何本も備蓄されている家庭も多くいらっしゃるのではないでしょうか。いつ使用するかわからないとしても保管しておかなければならないため、保管するには場所が必要になってきます。しかし、ウォーターサーバーであれば常に設置された状態なので、電源が切れた時であっても常温の水にはなりますが、ウォーターサーバーから普段通りに使用することが出来て大変便利です。

 

ウォーターサーバーの水タンクであれば、ペットボトルを何本も置くスペースよりも場所を取りませんし、安全面においても備蓄品としても最適と言えるのではないでしょうか。ウォーターサーバーの水は美味しさの面でも評価が高く、安全で便利に使用出来ますので、おすすめします。