ウォーターサーバーを使っていて転勤になったら

会社勤めをしていると急に転勤を告げられることもよくあることです。そういった場合、お勤めをされている本人はもちろんのことですが、家族の生活環境がガラリと変わることになり、家族にとって大きな節目とも言えるのではないでしょうか。

 

そういったご家庭の方がウォーターサーバーを使用していた場合、転勤先が遠方で引越した場所が配送が可能なエリア外になってしまうことがあります。そうしますと、ウォーターサーバーの取り扱い業者と契約解除をする必要があります。契約内容にもよりますが、違約金が発生する場合もありますので、気を付けなければなりません。

 

一般的にウォーターサーバーの契約は、数年単位の長期契約がほとんどなので、違約金に関しての詳細についても契約書に記載されています。しかし、それでは転勤が多い方であった場合では、ウォーターサーバーを利用する際には、違約金というリスクがあることになります。新しい転居先で新たに契約を結ぶことも手間のかかることです。

 

では、転勤で引越が多い方である場合におすすめなのが、日本各地に代理店があるウォーターサーバーのメーカーを選択することです。各地に代理店がありますので、転居先の住所変更をするだけで、引越し前と変わらず利用することができます。配送先を変えるだけで、契約書を新たに作成することもありません。

 

メーカーによっては、水のタンクを配送するのではなく、宅配便で水を配送してくれるサービスを行っているところもあります。多くの業者では、使用後の水タンクは再利用していますので、配送した際に使用済みの水タンクを回収するというシステムになっています。しかし、宅配便でのお届けタイプのものは、使い捨ての水タンクになっているので、お引越しをされる場合であっても何も影響はありません。

 

しかし、お引越し先の周辺地域に代理店がない場合は、ウォーターサーバーが故障した際やメンテナンスをすることが出来ませんので、サーバーのレンタル地域の圏外になることがあります。

 

こうしたことを考えますと、やはり全国展開している業者を選択することが最も賢いのではないでしょうか。大手と呼ばれているメーカーであれば、引越した先でも今まで通り美味しくて安全な水を使用し続けることが出来るからです。メーカーを選ぶ時には、配送エリアの確認をしておくことも重要となりますので、お気をつけください。