ウォーターサーバーの解約金について

ウォーターサーバーを購入するとなると30,000円から100,000円程度しますので、かなり高価な買い物になります。そのため、一般家庭で導入する場合は、レンタルする方がほとんどです。しかし、レンタルをする際には、各業者によって異なりますが、最低契約期間というものがあります。だいたい6ヶ月から1年間ぐらいの期間のところが多いのですが、中には2年間という業者もあります。

 

もしも、最低契約期間が終了する前に解約することになった場合には、業者側に解約金を支払わなければなりません。解約金は各業者により金額の違いはありますが、だいたい5,000円程の金額になります。それに加えてレンタルしていたウォーターサーバーを返却する際の送料も負担しなければならないという決まりになっていますので、解約をするときには注意しなければいけません。

 

一般的なウォーターサーバーは機械ですので大きくて重量もあります。業者側からしても回収となりますと一苦労なものです。しかし、最低契約期間を過ぎるまで使用してからの解約になりますと、もちろん解約金もいりませんし、サーバーも無料で回収しに来てくれます。これは最低契約期間で解約されてしまいますと、業者側の採算も取れませんので、こうした契約になっているのです。契約期間内に解約されてしまった上にサーバーの回収費用までも業者側の負担となりますと、かなりの赤字になってしまうからです。新規の契約をする時点で最低契約期間の詳細も解約金についてもきちんと説明されますし、契約書にもきちと書かれてあります。

 

業者の中には解約金が発生しないところもありますが、そうした場合は初期費用として初めのうちに数千円程度の料金を請求されることになっています。急な転勤で引越することになったり、長期入院することになったりなど、現在使用しているサーバーを使用できなくなったといったケースは別ですが、一応、最低契約期間は使用すると決めて契約しているのですから、途中解約をすることがないようにウォーターサーバーを導入しようと考えている段階できちんと調べてから契約するようにしましょう。

 

最近は、ウォーターサーバーの無料体験を行っている業者も多くなりました。こうした無料体験を利用して部屋に置いた雰囲気であったり、水の味を試すことも出来ますし、使用する水の量を把握することも出来て大変便利です。無料体験をした上でご自身に合った水であるかもわかりますし、ウォーターサーバーが必要であるか、そうでなかったのかも確認できます。体験してみて便利で必要性があると思われたら契約をすれば良いのではないでしょうか。ウォーターサーバーの良さをより多くの方々に広めたいと業者側が行っているサービスですので、遠慮することなく利用してみましょう。

ウォーターサーバー安いランキングへ