ウォーターサーバーの基本的な知識

最近は、日本全国でウォーターサーバーを導入する傾向にあり、急増しています。病院や公共施設、オフィスや工場など、その他にも一般家庭で導入しているところも増加しています。

 

しかし、まだまだ「ウォーターサーバーって、何ですか?」と思われる方も多くいらっしゃることも事実です。そこで、ウォーターサーバーについて基本的な知識を見ていきましょう。

 

日本で初めてウォーターサーバーが誕生したのは1980年代ですので、まだまだ新しいものであると言えます。今でも一般家庭では水道水をろ過して使用する浄水器を設置しているところも多いのですが、浄水器は水道水の不純物をフィルターで除去した水を使用します。しかし、フィルターを定期的に交換しなければいけませんし、フィルターを使用していても完全に不純物を取り除くことは出来ません。最近は放射線物質などの心配もありますので、水道水が安全であるかも懸念されます。

 

しかし、ウォーターサーバーであれば、水道水を利用するのではなく、各業者から購入する水タンクを設置することで使用できます。ウォーターサーバーは電源が必要になりますが、いつでも冷水と熱いお湯が出てくるようになっていますので大変便利です。水を冷蔵庫で冷やさなくても、ガスや電気ポットでお湯を沸かさなくても良いので、お手軽に利用でき経済面においてもお得です。

 

一般的にはウォーターサーバーは無料レンタルで貸し出してもらえます。その代わりの契約として水タンクを定期的に購入しなければならないノルマがあります。契約時に水の量を決めることになり、水の配送もほとんどのところが無料で配達してくれます。しかし、中にはサーバーのレンタル料がかかる業者もありますので、確認しておく必要があります。

 

ウォーターサーバーよりスーパーやコンビニエンスストアなどでペットボトルの水を購入した方が安価ではないかとお考えの方もいらっしゃしますが、100ミリリットルあたりの単価を比較してみてもウォーターサーバーの方が安いですし、1カ月にかかる電気代も1,000円程度ですのでそんなに高い料金ではありませんので、気軽に美味しいお水を飲むことが出来るウォーターサーバーは、おすすめです。

ウォーターサーバー安いランキングへ