浄水器とはどう違うの?

ウォーターサーバーと浄水器を設置しているご家庭を比較してみますと、少し前であれば浄水器を置いているご家庭が多数でしたが、最近ではテレビやラジオのCMや雑誌などの広告、スーパーなどでの店頭販売などの大々的な宣伝を目にするようになったからか、ご家庭でのウォーターサーバーの普及が急激に増加しました。では、ウォーターサーバーと浄水器の違いとはどういった点なのでしょうか。

 

まず、安全性について言えば、差ほど違いなく、どちらも安全性は高いと言えます。浄水器の場合、水道水の不純物をフィルターで取り除きますし、ウォーターサーバーの場合は完全密封の水タンクですので、細菌が入ることがないので健康を及ぼすようなことはありません。しかし、浄水器の場合は定期的にフィルターなど不純物を除去するものを交換しないまま使用し続けていると、きちんと不純物が除去されることなく使用することになり、安全性が欠けてしまうことになりますので、注意が必要です。

 

また、水の味についてですが、 こちらに関しては比較しますと、ウォーターサーバーの方が断然美味しいです。ウォーターサーバーでは、天然水やピュアウォーターが使用されていますので、浄水器のような水道水をろ過している水とは全く違います。水の味については、ウォーターサーバーが文句なしに美味しいと言えること間違いありません。

 

次にコストについてですが、多くの方がウォーターサーバーの方がコストがかかるのではないかと思っていらっしゃるのではないでしょうか。こちらは使用する水の量によっても変わりますが、浄水器であれば、本体費用に加え、定期的にフィルターを交換する必要がありますので、長期間を考えますとコストがかかってしまいます。ウォーターサーバーの場合、最近はサーバーを無料レンタルしている業者も多く、定期的な水タンクの料金は必要になりますが、水の料金のみになりますので、そんなにコストはかかりません。ご家庭で水を飲んだり、炊事に使ったりする量であれば、ウォーターサーバーを利用する方が維持費の面でも安価であると言えます。

 

利便性においても、浄水器は水道水を利用したものになりますので、災害などで水道管にトラブルが生じた場合は使用することが不可能になります。しかし、ウォーターサーバーであれば取り付けている水タンクからの供給により使用することが可能ですので、もしもの時にも安心してご利用になれます。