ウォーターサーバーの水は一回どれくらい?

基本的にウォーターサーバーを導入すると、契約した業者から定期的に水タンクが配送されるシステムになっています。水の量は7Lから12リットル程度のものがタンクに入って配送されます。一回の配送でどのくらいの量を配送してもらうかというのは、各ご家庭の家族構成などにもよって変わりますので、普段のライフスタイルで使用している水の量を事前に把握しておいてから契約の手続きをするようにした方が良いと思われます。

 

この水タンクは、完全に密封された状態のものが届けられます。開封しなければ細菌が発生することはありませんので、未開封であれば半年程度の保存が可能です。各業者によって水の賞味期限は異なりますので確認が必要ですが、予期せぬ災害などの災害用ストックとしても利用できますので、おすすめです。

 

しかし、水タンクは開封してしまいますと空気に触れてしまうことで、細菌が入って繁殖してしまいます。これはペットボトルでも同じことが言えるのですが、一度開封してしまうと二週間ほどで使い切らなければいけません。これ以上の日にちが経ったものを口にしてしまいますと、繁殖した細菌は身体に害を与えるという可能性もあり大変危険です。ウォーターサーバーもペットボトルも同様にきちんと賞味期限は守って利用してください。

 

一人暮らしの方がウォーターサーバーを導入する場合、二週間で7Lから12Lの水を飲んだり、料理に使って全てを使い切る計算になります。この期間内に使い切りますと細菌が入り込む前に美味しく安心してご利用になれます。

 

ウォーターサーバーの業者によって異なりますが、一般的にはサーバーは無料でレンタルできますが、その代わりに水タンクは毎月必ず最低個数を購入しなければならないノルマがあります。例え、その月に水を使い切ることが出来なくても料金の払い戻しは基本出来ないようになっていますので、その点はきちんと把握してから契約をしなければなりません。

 

だいたい24L程度が購入しなければならないノルマのようですが、一人暮らしであっても自炊する時に使用するなどすれば問題なく使い切ることが出来る量です。購入ノルマは各業者によって違いますので、契約する時にご自身にあったウォーターサーバーを選択するようにしましょう。