ウォーターサーバーの種類について

多くの人が持っているウォーターサーバーのイメージは、白くて高さがあり細長い床に設置しているタイプのものがほとんどなのではないでしょうか。実際のところ、病院や公共施設に置かれているものはロングタイプのものを導入しているところが多く、昔からある一般的と言えるウォーターサーバーになります。もちろん、現在もこうした施設に設置するものであれば最も人気のタイプになるのですが、スタンダードタイプと言ったウォーターサーバーになります。

 

最近では、同じロングタイプのものであっても、更に細くシェイプされ、狭い空間であっても設置することが可能になりました。ロングタイプのものはご家庭の部屋に設置するとひときわ目立ってしまい部屋のインテリアから浮いて見えました。しかし、最近のものはデザイン性にも優れたウォーターサーバーが数多く出てきており、どんなお部屋のタイプでも合うようなデザインのものもありますので、インテリアの一つとしてご利用することが出来るようになりました。

 

他にもロングタイプのものとは全然大きさの違う卓上タイプのものも出てきました。これはロングタイプの半分程度の高さになり、ショートタイプと呼ばれているものになります。設置場所はテーブルやラックの上でも置くことが可能ですので、お部屋が狭くロングタイプのものの設置が難しいといった場合には大変便利です。また卓上に置きますと、食事中でも気軽に美味しいお水を飲むことができますので、ロングタイプのものではなく、卓上タイプのものを選択するというご家庭が大変増えています。

 

また、バックタイプと呼ばれているものは、以上のような2つのタイプとは違い水タンクを外部に露出した状態で使用するのではなく、ウォーターサーバーの中に納めることが可能なものになります。このタイプであれば見た目でもお部屋のイメージを壊してしまう心配もありませんので、大変おすすめです。

 

こうしたようにウォーターサーバーでもいろいろなタイプのものから選択することが出来るのです。ロングタイプや卓上タイプの水タンクは再利用が可能なように素材が硬いもので出来ています。しかし、バックタイプのものは使用済みのものはゴミとして廃棄できる素材なので、宅配された時に水タンクを返却するといった必要はありません。各ご家庭の自治体ごとにゴミの分別が定められた日に水タンクを捨ててください。